人気ブログランキング | 話題のタグを見る

海外旅行記◆【第95編・参照】アマゾン河奥地にてピラニア釣り・2000年◆ただいま【第156編】です。1ページに3編ずつ載せています。ズット前の分も開いて観て下さい。


by momochi77jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 オーストラリアに行くには成田からよりシンガポール経由の方が乗り換えでも観光と昼食がついて儲かった気がします。シンガポールはビールなど酒類が高いのです。しかし、摩天楼のビル群は凄い!中国人もいますがインド人街もあります。右下中の小写真はヒンズー寺院おまけの『シンガポール』06年10月(第152編)_e0003272_16521226.jpgおまけの『シンガポール』06年10月(第152編)_e0003272_170364.jpg





おまけの『シンガポール』06年10月(第152編)_e0003272_16522945.jpgおまけの『シンガポール』06年10月(第152編)_e0003272_16571931.jpg





おまけの『シンガポール』06年10月(第152編)_e0003272_16524014.jpgおまけの『シンガポール』06年10月(第152編)_e0003272_16591257.jpg







シーライオンはシンガポールのシンボルです。
右写真の奥の丸みを帯びた巨大な建物はオペラハウスです。
おまけの『シンガポール』06年10月(第152編)_e0003272_16561120.jpgおまけの『シンガポール』06年10月(第152編)_e0003272_16545788.jpg
# by momochi77jp | 2010-08-21 17:11 | 海外旅行
イギリス中部・湖水地方のピーターラビットの別荘地区       (第151編)_e0003272_12372357.jpgイギリス中部・湖水地方のピーターラビットの別荘地区       (第151編)_e0003272_12485146.jpg 川の上の建物は税関跡
イギリス中部・湖水地方のピーターラビットの別荘地区       (第151編)_e0003272_12383299.jpg





白鳥も泳いでいました。2009年11月行きました。イギリス中部・湖水地方のピーターラビットの別荘地区       (第151編)_e0003272_1239248.jpg






チェダー調の『木造骨組み漆喰いと石作りの組み合わせの民芸調』の家や店が多くありました。イギリス中部・湖水地方のピーターラビットの別荘地区       (第151編)_e0003272_12415573.jpg
イギリス中部・湖水地方のピーターラビットの別荘地区       (第151編)_e0003272_12433490.jpg





不動産も高いよ!億!イギリス中部・湖水地方のピーターラビットの別荘地区       (第151編)_e0003272_1244916.jpg


  不動産のパンフレットも貰ってきました。別荘欲しい方、売りますよ!イギリス中部・湖水地方のピーターラビットの別荘地区       (第151編)_e0003272_12463969.jpg
# by momochi77jp | 2010-06-30 13:05 | 海外旅行
イタリアでの公共交通機関事情はアートなペインティング?    (第150編)_e0003272_1244866.jpgローマの国鉄始発駅テルミニ駅構内は改札口とかがありません。列車の乗り降りも高さがあるままで乗るようでした。列車は落書きだらけ。
イタリアでの公共交通機関事情はアートなペインティング?    (第150編)_e0003272_1292395.jpg

地下鉄もほとんどが落書きされていました。それもイタリアらしいファッションのようでした。
イタリアでの公共交通機関事情はアートなペインティング?    (第150編)_e0003272_12171219.jpgイタリアでの公共交通機関事情はアートなペインティング?    (第150編)_e0003272_1227772.jpg
イタリアでの公共交通機関事情はアートなペインティング?    (第150編)_e0003272_12142374.jpg

イタリアでの公共交通機関事情はアートなペインティング?    (第150編)_e0003272_12232685.jpg
地下鉄のエスカレーターは上りだけが5列とかもあり一気に移動させていました。 
イタリアでの公共交通機関事情はアートなペインティング?    (第150編)_e0003272_1212489.jpg
イタリアでの公共交通機関事情はアートなペインティング?    (第150編)_e0003272_12252435.jpg

イタリアでの公共交通機関事情はアートなペインティング?    (第150編)_e0003272_12433277.jpg
地下鉄は都市の移動では便利ですので、ローマでもミラノでも利用しました。バスも利用しました。(2010年2月)イタリアでの公共交通機関事情はアートなペインティング?    (第150編)_e0003272_1255982.jpg
イタリアでの公共交通機関事情はアートなペインティング?    (第150編)_e0003272_12135940.jpg
# by momochi77jp | 2010-05-27 12:52 | 海外旅行
ベトナムのハノイ郊外の『バッチャン村』の陶器店街(第149編)_e0003272_1252154.jpg 今日は2010年の4月の27日ですが、ゴールデンウィークに入り、有田や各地の陶器市に出かける人に多く会いました。昨年9月にベトナムのハノイ郊外のバッチャン村の陶器店街に行きました。
ベトナムのハノイ郊外の『バッチャン村』の陶器店街(第149編)_e0003272_12554182.jpg




 バッチャン村は今は空気もきれいで、水牛に曳かせる観光用の牛車もゆっくりと通っていました。
 しかし、おいさんが自転車やリヤカーに山のように焼き物を積んで運んでいる場面にも会いました。転けた途端に全部割れるのでは、と、思うくらいでしたよ!

ベトナムのハノイ郊外の『バッチャン村』の陶器店街(第149編)_e0003272_1256148.jpg ベトナムのハノイ郊外の『バッチャン村』の陶器店街(第149編)_e0003272_1322034.jpg   村の中は陶器の生産地として有名でしたが、近頃はここでは製作や色つけが主で焼くのは近くで焼いているようです。その近くの町も通過しましたが、石炭で焼くようで煤煙だらけで町がススだらけでした。


ベトナムのハノイ郊外の『バッチャン村』の陶器店街(第149編)_e0003272_1393261.jpg 


  村はハノイとハロン湾の途中にあるので観光客の通過地点がてらの休憩では寄るようです。







ベトナムのハノイ郊外の『バッチャン村』の陶器店街(第149編)_e0003272_1253461.jpg 
# by momochi77jp | 2010-04-27 13:26 | 海外旅行
ペルーのクスコの2000年のデモのチャンスの報道写真です。2000年のペルーの革命開始をクスコで観ることが出来た感じがした。(第148編)_e0003272_19211810.jpg2000年のペルーの革命開始をクスコで観ることが出来た感じがした。(第148編)_e0003272_1974378.jpg







  左の大きな写真の文字列の右端(木の直ぐ右横)にFUJIMORIと赤い文字で書かれています。 
FUJIMORIとはフジモリ大統領のことで2000年は選挙の年でした。2000年のペルーの革命開始をクスコで観ることが出来た感じがした。(第148編)_e0003272_1971241.jpg 
野党にあたる労働組合らの『反フジモリ集会とデモ』(写真奥方向)にあわせて『過激派』と呼ばれていたゲリラ・革命戦線の若者ら(手前、タイヤを燃やしている方)も、少し離れて『フジモリ政権打倒のデモ』していました。
 ペルーの古都(元、インカ帝国の首都)クスコは標高が3200Mくらい有ります。
3月22日深夜にクスコ空港に到着し、高山病対策を各自が必至に行いながら翌朝を迎えました。

2000年のペルーの革命開始をクスコで観ることが出来た感じがした。(第148編)_e0003272_199399.jpg
翌23日は日本人らツアー観光客は約3時間のホテル待機を要請されました。
宿泊ホテルが東駅前でしたので、そこで集会して市役所前を経て西駅前までデモするそうで、デモ隊が解散するまで待機でした。
そのおかげで、この写真を写せました。

 添乗員から『出来るだけ窓から覗かないでね!』 『もしも興味本位で1枚か2枚の写真を撮る時はフラッシュを焚かないでください!』
 『それと大事なことですが、超望遠付きのカメラでデモ隊を撮さないで下さいね。鉄砲と間違えられて、撃ち返されると困りますからね!』
 『いいですか!あなた達は日本人で、彼らは日系のフジモリのを敵視しているから、刺激を与えないで下さいね!』 
2000年のペルーの革命開始をクスコで観ることが出来た感じがした。(第148編)_e0003272_1962310.jpg 
現地ガイドが『選挙はFUJIMORIが勝つ!』と言い切った!
 3ヶ月後だったと思うが、選挙の結果で『フジモリが勝った!』

 国民の多くが『不正選挙だ!』と、革命に立ち上がって『フジモリ』は権力の座から引きずり下ろされ『亡命』して『日本に逃げてきた。』 2000年のペルーの『革命開始』を観ることが出来た感じがした。
# by momochi77jp | 2010-03-07 20:07 | 海外旅行