海外旅行記◆【第95編・参照】アマゾン河奥地にてピラニア釣り・2000年◆ただいま【第156編】です。1ページに3編ずつ載せています。ズット前の分も開いて観て下さい。


by momochi77jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0003272_037995.jpg
 赤茶けた河が瀾滄江(メコン河上流)です。

 瀾滄江(メコン河上流)を渡河すると言うことは、幾重もの山と峠と谷と河とを登ったり下ったりしながら進む!の、だ、が、・・・・・写真の傾斜と道を見て下さい。
 ここのドライブは怖いのなんのて・・・心臓が悪い人は行かない方が良い!
 

 メコンとは赤い河という意味らしい!










e0003272_0354975.jpge0003272_0361831.jpg







崖地を進みます。もちろん、ガードレールなどありません!いたるところ、崖崩れの後。対向車や追い越し車や追い抜き車が有ったときには、心臓が止まる思いが続きます。!!チィベット族の運転手さんに、『♪命、預~けま~す♪』 でした。e0003272_0365112.jpg















e0003272_038458.jpg
e0003272_0393539.jpg
e0003272_039555.jpg
[PR]
by momochi77jp | 2007-07-26 00:56 | 海外旅行
中国。雲南省のシャングリラ近く。玉龍雪山の麓。世界3大渓谷の一つ『虎跳峡』は、「岳は雲の上、山深く、山高く、谷深く、谷険しく、河激しく!」のポイントでした。・・・2007年6月19日
e0003272_0113093.jpg
e0003272_013626.jpg








e0003272_013242.jpg






e0003272_0291711.jpg







 上の大写真の両サイドの崖の途中の道らしきものが見えるのがわかりますか。ここを車が走るのです。
 もちろんガードレールなどありません。対向車が来たり、追い抜き、追い越されの旅に寿命が縮じこまる思いの連続でした。
e0003272_016779.jpg




金沙江はチベットやラオス、ビルマ・ミヤンマー近くを流れています。


対岸の展望所からも人が見物しているのが判りますか?
 その人間の大きさからこの激流の波の大きさが判ると思います。
e0003272_0121059.jpg

[PR]
by momochi77jp | 2007-07-21 00:23 | 海外旅行
 第100編がペルー・マチュピチュでしたが、ここの標高は2400M!
しかし、そんなもの「カワイイっ!」と、言ってしまいます、この峠は!!。

中国の南アルプス雲南省チィベットはヒマラヤの東端。 
昆明からラサまで3000KMの『茶馬古道』。2007年6月に行ってきました。 
e0003272_2026786.jpg 
かつてのシルクロードのように『茶馬街道』が交易の道でした。その『白馬峠』は『白茫(白馬)雪山(5640M)』の中腹を通ります。







 コノ、上と下の写真は『標高4000M』地点。
e0003272_2031858.jpg
e0003272_20264794.jpg
e0003272_20271032.jpg


 チィベットの馬と雲南のお茶が代表格なので『茶馬古道』と言うのだとか。
e0003272_2028165.jpg

 さらに、進んで峠の峠がココ。【標高が4292Mですよ!】 しかし、こんな過酷な所にも『チィベット族』は生活していました。
 e0003272_2048519.jpg
4292M地点です。牛のような動物は『ヤク』と、ヤクと牛を掛け合わせた物です。ヤクの毛は寒さから守るために長く伸びています。肉も美味しかった。







(全員、高山病に掛かります。)
酸素ボンベのミニ缶を1本ずつ配給されました。
e0003272_20484926.jpg
e0003272_2049985.jpg

[PR]
by momochi77jp | 2007-07-08 20:57 | 海外旅行