海外旅行記◆【第95編・参照】アマゾン河奥地にてピラニア釣り・2000年◆ただいま【第156編】です。1ページに3編ずつ載せています。ズット前の分も開いて観て下さい。


by momochi77jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2005年9月(第31編)で紹介のパート1に続き、パート2です。1999年行った。
e0003272_12321517.jpg
 イタリア南部、べスビオス火山の大爆発で、一瞬のうちに火山灰に埋もれたポンペイの町、そして、人。
e0003272_1243892.jpg




 あまりにも、一瞬の出来事でしたので、降り積もった火山灰が固まった後に、埋もれた人間の部分だけが、空洞が出来てしまった。 上左の写真は鼻をつまんでいます。

e0003272_12323192.jpg  発掘にあたって、その空洞に、石膏を流し込んで、写真の形が出来上がったらしい?
 ほとんどの人は、苦しくて、口を開けたまま、死んでいたそうで、壮絶な地獄であったことが伺えます。
e0003272_12541357.jpg 
e0003272_12424185.jpg
 これだけの古代文明を、作り上げた古代ローマ人ですら、自然の驚異のまえには、なすすべもありませんね!
e0003272_1258232.jpg
e0003272_11212367.jpg
[PR]
by momochi77jp | 2006-10-28 12:58 | 海外旅行
e0003272_17272531.jpg
 南米のペルーの奥地のラライヤ峠(4051M)越えして、ハイプレーン(大高原)を過ぎた、フリアカ市の手前です。
 『高山病』状態。
 シルスタニ遺跡がありました。王族の墓です。
e0003272_17283425.jpgほとんどが墓荒らしに遭っていましたが、ミイラは金銀財宝で飾られていることを知っている人間の仕業らしいのでした。
e0003272_17295642.jpg
e0003272_1729298.jpg




 ここの湖も澄みきったスバラシイ湖でした。お姫様伝説もあるようでした。ここからチチカカ湖までは、まだまだ遠かった。   ( 2000年3月のこと )
[PR]
by momochi77jp | 2006-10-26 18:01 | 海外旅行
仁川で一番有名な『ハトの館』
e0003272_9481750.jpg
e0003272_12172766.jpg




 仁川(インチョン)はソウル郊外の都市。
 海に面した港湾工業都市です。ソウルの海の玄関口。

 私が知っている日本人で、【仁川の人口】を知っている人は、一人としていませんでした。
 仁川すら知らない人がほとんどでしたが、人口【260万人】もの大都市でした。

 ソウルの人は、魚を食べるなら、ココにやってくるとか。
ホテルにはカジノもありました。(1997年12月)
 

e0003272_1217478.jpg
 近代史においては朝鮮戦争時の仁川(インチョン)上陸大作戦で有名ですが、当時、仁川(インチョン)は、日本人には馴染みが薄く、観光客でやって来るのが珍しいと言われました。
 商社マンとかが接待で連れてくるぐらいだったのでしょう?

【失敗談】
 我々3人も、『軽く昼食を!』と、『魚を食べたい!』と現地ガイドさんにお願いすると、魚市場横の食堂に案内されて行った。
 見かけは魚市場の魚屋の安食堂に見れたし、ガイドさんが『高くないよ!』というので、頼んだのですが、2階に案内されると30帖ぐらいの広間に我々だけ。

 5品頼んだのですが、12人用テーブルの端から端までいっぱいになるくらいに次から次に並べられた。
 例えば、ヒラメを頼んだのですが、70CM位の大型を持ってくるし、他のも同様な状況で、トテモ食べきれず、ガイドさんも運転手さんにも加勢してもらっても、半分も食べれなかった。

 三十数万ウォン以上(3万円以上)支払わさせられた。このガイドもグルじゃないかと思わざるを得なかった!食後に後の残りの観光案内先もあったのですが、このガイドとは、別れました。
[PR]
by momochi77jp | 2006-10-26 12:28 | 海外旅行