海外旅行記◆【第95編・参照】アマゾン河奥地にてピラニア釣り・2000年◆ただいま【第156編】です。1ページに3編ずつ載せています。ズット前の分も開いて観て下さい。


by momochi77jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【驚きの話:その1】
 この国は、日本人は『オランダ』とぃ、言いますが、『ネーデルランド』が通用なのです。気を付けましょうね!(1997年に行きました。)e0003272_12423888.jpg

上の左の写真は『ムント(造幣局跡)の塔』。

 右は『ゴッホ美術館』前です。

【驚きの話:その2】
 『ひまわり』の絵があって、驚きました。
 「バブル期に日本の『(現)損保ジャパン』が買ったはずなのに?」と、思っていたのですが、2枚もありました。数枚描いていたようでした。

  【 『感動もの!』が2つありました。 】
 ひとつは、「葛飾北斎」らの『浮世絵のゴッホの模写』を、見れたことでした。

 もう一つが、美術館近くのストアで買った「イチゴの色が濃いくって旨かった」のだが、『容器が紙パック』でした。
 ドイツやオランダなどは、『環境に配慮した生活』の先進国でした。
e0003272_1135105.jpg
e0003272_1245574.jpg  上の右の写真は『アムステルダム中央駅』。
 ここのスグ前から『運河クルーズ』しました。

 この運河から世界の海に出かけていったのでした。 日本にも!

 ビールの旨い国でした。
 それと、『身長の大きな民族』でした。
【驚きの話:その3】
 男用トイレの便器が高すぎて、「つま先立てて」用を足しました。だから、「ビールの飲み具合」も考えながらしました??
 
 干拓!干拓!かんたく!かんたく!で、創られた!この国は『地球温暖化』で危機的状況になりつつあります。

 『国際環境問題』が切実なのであることが伺える国のひとつでした。

 この国は、『環境』もですが、『反戦』にも力を注いでいました。「ドイツに侵略された歴史」を持っていたからです。
e0003272_12293522.jpge0003272_12294950.jpg
 右の左の写真は『アンネの家』の隠れ部屋の小窓から観た景色。右は、そこで買った絵葉書。

 地元の子供達も研修に来ていました。
[PR]
by momochi77jp | 2006-06-17 11:40 | 海外旅行
 (>こんなところにサッカーボール・置いトン・のは、どこの・ドイツや~・・・)
 (<・・・・・・ワイン・の・や~~・・・・)
 e0003272_1943999.jpg
フットボール(サッカー)のワールドカップが今月(2006年6月)からドイツで始まります。

 観戦に行きたいモノですが、チケットさえ手に入りませんので、テレビ観戦しか有りません。ドイツワインとビール買いました。

 さて、そのドイツの町の一つにハイデルベルグがあります。丘の上の古城の名物がワイン樽です。                    
e0003272_19431927.jpg
【ビール一口メモ:その1】
 ハイデルベルグ城には、2000本分の巨大なワイン樽が2つばかりありました。

 水の悪いドイツならではの話です。
 戦さ用の備蓄水代わりらしい?
 ドイツではミネラルウォーターよりもビールの方が安かった!
 だからビールも水代わりでした。
e0003272_1944547.jpge0003272_1945752.jpg
e0003272_19451846.jpg
 真ん中の写真の建物の1階のレストランで、ランチを食べましたが、ドイツの食事は質素です。

 あんな料理でよくもあれだけ体でっかくなるナ~と、感心しました。

 が、建物には凝っていて金を掛けるそうです。勉強になる素晴らしい家がたくさんありました。(右下の写真)
e0003272_19475254.jpge0003272_19504117.jpg




 【ビール一口メモ:その2】
サッカー観戦に『ビール!』といきたいもんでしょうが・・・、ドイツを始め、ヨーロッパのビールは、ほとんど常温。冷やしていません!!

 今では私も、『冷やして飲むビール』と、『冷やさないで飲むビール』を飲み分けるようになりました。
[PR]
by momochi77jp | 2006-06-02 19:48 | 海外旅行