海外旅行記◆【第95編・参照】アマゾン河奥地にてピラニア釣り・2000年◆ただいま【第156編】です。1ページに3編ずつ載せています。ズット前の分も開いて観て下さい。


by momochi77jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

アムステルダム郊外の『ザーゼンスカーンス』の風車はのどかな田園地帯にありました。
 ココの家はとても変わった素敵な家が多かったですよ。
e0003272_19354271.jpg

 ここの子供達にすれ違うと、みんなが必ず「グッッモーニング!」と、気持ちよく、挨拶してきました。教育がしっかりしているのがうかがえました。      1997年
e0003272_23424642.jpg

 「神がこの地を造ったのだが、『ネーデルランド』の土地は我々『ネーデルの民』が造った。」とぉ、言い切るくらいにオランダは、ほとんどが干拓地で、運河の国です。 
e0003272_2342254.jpg

[PR]
by momochi77jp | 2005-08-29 14:03 | 海外旅行
e0003272_18105598.jpg
 インカ帝国最後の謎の都・黄金郷『ビルカバンバ』を探していたときに、たまたま発見されたが、当時は、この遺跡がジャングルに覆われていた。
 段々畑の一番上の端っこから、下の谷底を覗くと、足がすくんでしまった。 2000年
e0003272_12452894.jpg
 『こんな高山病にかかるような山の上に、よくも都市を作ったナ~!』とぉ感心させられました。
 それほど、スペイン兵が恐かったのでしょう。
e0003272_12451150.jpg

[PR]
by momochi77jp | 2005-08-27 12:54 | 海外旅行
e0003272_1324216.jpg 家族4人でトルコに! 1997年
e0003272_1324354.jpg
左の上の写真だけは現地で買った絵はがきですが他は私が撮ったモノです。
 

『ブルーモスク』はとても大きく美しく荘厳で神秘的な空間でした。e0003272_13244636.jpg   
                                  e0003272_13245616.jpg





 『ブルーモスク』から歩いていける処に、『アヤソフィア』という教会・モスクがあります。e0003272_13255276.jpg




  その先に『トプカプ宮殿と』いう『トルコ帝国』時代のお城があって(そこには『ハーレム』もあったらしい!2000人の女性がいたとか?)ベリィーダンスもベリィーグッドでした。e0003272_1326263.jpg e0003272_132623100.jpge0003272_13261414.jpg






  『トプカプ宮殿』の前には海峡がある。この『ボスボラス海峡』の向こう岸は、同じトルコなのにアジア!
 こちら側はヨーロッパ。そして、地中海の対岸はアフリカです。

イスラム教の関係で、EUに未だに加盟できません。
[PR]
by momochi77jp | 2005-08-24 22:13 | 海外旅行
 アルゼンチン・タンゴの発祥の地は、下町の貧しい流れ者の多く住むボカ地区らしい。
e0003272_2346795.jpg

 庶民の町を明るくしたいと願った芸術家が変えた。今は、観光名所に変身していて、 世界中から観光客がやってきていた。路上でも絵や彫刻なども売っている。
e0003272_10575816.jpg



 南米のブエノスアイレスは、とても裕福な町で、ヨーロッパと変わらない。素敵な町の一つにあげられます。良い町です。
 アルゼンチン・タンゴの名門の小劇場でワインを飲みながら緊張感ある踊りに酔いしれました。
  
 とても素敵な2000年記念になりました。


e0003272_2349188.jpg

[PR]
by momochi77jp | 2005-08-23 19:06 | 海外旅行
e0003272_16555522.jpg サファリィーの『ボート・ゲーム』(クルージングのこと)では、いろんな動物たちを水辺から観察しました。
e0003272_1659520.jpg

 午前中は『ドライブ・ゲーム』でジープでの見学でライオンなども観れましたが、午後からは小舟です。大きなワニでしたね。      2003年
 ここはアフリカでも一番多く『アフリカ象』が観察できる地区です。
e0003272_120497.jpg 『キリン』の群れもたくさんいました。とにかく動物も鳥類も凄い数が生息していました。
◆実は凄い話し・その1◆◆◆◆◆◆
ココの住人達はメチャクチャ視力がいいのです。日本人には理解できない視力ばかりでした。
【日本の視力検査では2が最高ですが、『4とか5もある』のです。】
 はるか遠くのキリンを見つけて、我々に説明してくれるが、我々には双眼鏡を借りてみても探せなかった。        
◆◆◆夜の空が星いっぱい。『サザンクロス(南十字星)』も見ましたよ。e0003272_122453.jpg
[PR]
by momochi77jp | 2005-08-22 01:32 | 海外旅行
e0003272_19385372.jpg

 『ゲント』は日本人には聞き慣れない町で私も全く知りませんでした。小さいがまとまりのある町でした。食事もビールも旨いのが『ベルギィー』の良さです。
e0003272_19382773.jpg

 『ベルギィー』は国は小さいが国力のある国です。その分どこの町に行っても文化水準が高く洗練されていて素晴らしい国でした。『ユーロの本部』も『国連の機関』もこの国にあります。
『オードリィ・ヘップバーン』の生まれた国でもあります。              
1997年
e0003272_1938475.jpg

このお城には、映画に出てくるような中世ヨーロッパの拷問セットが展示されています。痛々しくて気分悪くされる方もいるそうです。
[PR]
by momochi77jp | 2005-08-20 23:28 | 海外旅行
e0003272_13584683.jpg
アメリカ合衆国・ユタ州『ブレイスキャニィオン』です。   2005年
e0003272_1359815.jpg
e0003272_1434094.jpg
 グランドキャニィオンとは全く違います。日本人観光ツアー客はあまり来ません。
 赤褐色の自然立柱岩石が数千本も林立している広大な谷を代表格にした公園でした。
 e0003272_1421153.jpg 
 自然公園内のロッジに、宿泊できるチャンスが、ありましたので、翌早朝『イマジネーションポイント』と呼ばれる展望所で、ご来光を拝みました。
 その記念に、私が記念用に用意していた乾杯セットで祝杯をあげました。e0003272_140374.jpg
[PR]
by momochi77jp | 2005-08-18 19:29 | 海外旅行
 実は、1993年の5月の『博多どんたく』の時に、『住所と名前だけ書いて箱に入れると、香港キャセイ航空の香港往復航空券が当る!』と言う企画があって、当時小学生だった息子だけが、当選したのでした。
e0003272_2237260.jpg

 e0003272_2243151.jpg
 翌1994年、仕方なく、家族みんなで初めてパスポートを取って、『香港・マカオ』に行ったのでしたが、私自体が思い描いていた香港・マカオと、全く違った文化国家を前にして、カルチャー・ショックに陥ってしまいました。

 『まだまだ日本の博多なんか、小いさい小いさい!』とぉ、思いました。
 ここから、私の海外旅行が始まりました。息子のクジ運のお陰です。
 仕事ばかりしていて、『海外旅行なんかは、とんでも!』と、思っていましたので。

e0003272_22431590.jpg 中の写真がナイト水上レストランで有名なアバディーンで、夕食を頂きました。

 左は、タイガーバーム・ガーデンの前でのツアーでの集合記念写真では、なかったでしょうか??タイガーバーム・ガーデンは、今でもあるのでしょうか??
[PR]
by momochi77jp | 2005-08-17 22:43 | 海外旅行
e0003272_1653750.jpge0003272_1654175.jpg






 競技場で使われるアリィーナは、本来、『アレーナ』と言われ、コロッセオ等の競技場の床に敷き詰められていた砂面の事で、繰り広げられる『グラディエーター(奴隷・剣闘士)たちの血を吸う砂』をアレーナと呼んでいたらしい。                1999年e0003272_6162093.jpge0003272_1656491.jpg
 






映画『グラディエーター』を観てから、ここに行かれることをお薦めします。
e0003272_16524062.jpg

 スグ近くの古代戦車(馬車)の競技場は14万人も収容できる?と、いうから、古代ローマ帝国の桁外れの凄さが感じられました。
e0003272_1734250.jpge0003272_174790.jpg
 右はローマ時代の凱旋門。
 左はローマ時代の宮殿跡
[PR]
by momochi77jp | 2005-08-17 22:25 | 海外旅行
e0003272_181253.jpg 残念なことに、斜塔も倒れる確率が高くなったとかで、上に登れなかった。
 セッカク、 リンゴを持っていっていたのに!『ニュートンの万有引力の法則』を試したかったのですが。

 今、日本の技術で、斜めのママで倒れない工夫の工事中でした。   1999年 e0003272_1821681.jpg






e0003272_1823249.jpg

◆実は凄い話し・その1
e0003272_622315.jpg ◆◆◆◆◆
 実はピサの斜塔は、傾き方が3段階になっていて少しづつ違うのですよ。
 作り始めて傾きだしたので途中で辞めて、しばらくして、下を傾いたまま真っ直ぐに注ぎ足してみたが、また、傾きだして、さらに、しばらくして、最上階が出来たが、これも、傾きだした。写真をよくみるとわかるよ。◆◆◆◆◆
   
[PR]
by momochi77jp | 2005-08-12 20:42 | 海外旅行